実はこんなにあるんです!印刷の種類あれこれ

様々な印刷方法があります

一言で印刷と言っても様々な種類があります。まず、オフセット印刷は現在、幅広く行われている印刷で水と油が反発する作用を利用して印刷を行います。オフセット印刷に使う機械は色数や紙の寸法ごとに細かく分かれています。グラビア印刷は雑誌のグラビアページなどでよく見かけます。鮮やかな印刷が可能なのが特徴です。フレキソ印刷はダンボールや牛乳パックなどに良く使われます。水性インキが利用できるため最近は環境にやさしい印刷としても注目を集めています。

印刷目的によっても分かれます

印刷はその目的によっても区分けされます。新聞や書籍などの印刷は出版印刷に属します。企業や団体のチラシやポスターなどの印刷は商業印刷と呼ばれています。また、名刺や封筒、伝票などの印刷は事務印刷とされ、ジャンルごとに専門の業者がいます。さらに、商品券やチケットなどの印刷は証券印刷にあたります。証券印刷は偽造を防止する必要があるので高度の技術を求められます。このほかに包装資材や工業製品の印刷などの分野があります。

業者に印刷をお願いするとき

コピー機では印刷しきれないので業者に印刷をお願いするという場面もあるでしょう。そんなときは自分が依頼したい印刷がどのジャンルなのかを考えた上で業者を選ぶことをおすすめします。印刷業者には中小の業者も多く、顧客の細かい要望にも答えてくれます。どの印刷業者に依頼すれば良いかわからないときはインターネットで検索してみると良いでしょう。公式サイトにはその印刷業者が得意とするジャンルが書かれていますので参考になりますよ。

封筒印刷を専門の印刷業者に依頼する場合、構図や配色は目立ちやすく覚えやすいものにすることが大切です。特に宣伝目的での作成は簡潔で理解しやすいデザインにすることが重要になります。