こんなにあったの?!システム開発の方法!

そもそも、システム開発ってなんのこと?

システム開発、って言葉を目にしたとき、あなたなら何を思い浮かべますか?「システム」を「開発」するなんて、なんかものすごく難しくて複雑なことをしていそうですよね。コンピューターを駆使していろいろなプログラムを書いて、システムを動かすんでしょうか。なんか具体的なイメージがなかなかつかめないですよね。でも実は、システム開発っていろんな種類があるんです。そして「製造業」に分類されていることからもわかるように、システム開発は「ものづくり」のひとつなんです。

でも、システムって具体的に何のこと?

さて、システム開発の「システム」とは、一体何の事なんでしょうか。これは状況や対象によって異なるのですが、主に「目的を達するための仕組み」のことを指しているんです。たとえば、一般企業での経理部のシステムであれば、管理会計用のシステムと財務会計用のシステム、人事部のシステムであれば人事考課管理システムや社員の個人ファイル管理システム、情報システム部であれば基幹システムのメンテナンス用システムなどなど。もちろんスーパーマーケットなどの小売業であれば売り上げ管理システムなんかもありますね!

じゃあ、システム開発ってどうすれば良いの?

まず、その業種や職種、対象者が必要としている「業務」の流れをはっきりされる必要があります。その中から、「これとこれは必要だからシステム化しよう」「これはいらないから省こう」と言う風に、開発されるシステムの要件を決めてしまうんです。それから、その要件を実現するためにどういったハードウェアが必要か調整します。もちろん調整には予算が関わりますから慎重に行います。そしてさらに具体的にシステムを設計し、レビューの結果OKが出れば、すぐ製造に入ります。製造って言うのは、プログラミングなどの実際に手を動かす作業の事を言うんです。つまり私たちが想像しているような「システム開発」っていうのは、「やるべきことが決まった後に、最終的に行われる作業の事」なんですね!製造が終わったらテストを行い、受け入れ側でテストしてから実際に使いつつ導入していきます。こんな感じでシステムの開発ってやるべきことが沢山あるんですね!

notesの受託開発を利用することで、豊富なベースシステムを生かした自分好みのアプリケーションを作ってもらうことができます。